詩画倶楽部

ポエジー漂う小冊子。六角文庫の電子本、紙の本。ブログ・ライヴラリーです。
by vooker
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

縦書きページ左右中央配置

 テキストと画像混在のレイアウトに苦戦しています。固定レイアウトのエキスパンドブックから、リフローのT-Timeに移った時も、復刻の叶わなかった作品が幾つも出ました。「サックスマン」もそんな一冊でした。今回はテキストと画像を同一ページに配置するのを諦めて、リフロー型、文章中央配置でどうにか本らしくなりました。
 さて、その文章中央配置ですが、下記のサイトのTipsを参考にさせていただきました。
  EPUB3リフローレイアウトで扉ページ(ひまつぶし雑記帖)
 扉ページの中央にタイトルを表示する裏技です。T-Timeなら《t-middle》で済むことが、ePub3ではちょっと手の込んだ仕掛けになります。ページそのものは横書きスタイルで、ブロックの中のテキストを縦書きに、という方法です。これを本文文章に応用しました。難点は、テキストが長いと次ページに流し込まれずに、溢れた分画面から消滅してしまうこと、同様なTipsを紹介した「電書協 EPUB 3 ガイド」にも注意がありました。

d0142402_2383043.jpg

 上掲写真はiPad mini 横置き、iBooks 3.1での表示です。オリジナルの和綴じ本に近い雰囲気が出ています。これはBook ProoferというアプリでiPad miniに同期して送ったもの。CSSの改ページ指定がちゃんと効いていますが、iBookstoreを通すと無効になったりするので、調査中。とりあえずKindle版だけスタートしました。ただしこちらは横置きしても、見開き2ページにならず、横長の1ページになるだけ。

 この扉応用方式と《pagebreak》タグを併用すれば、1ページ1句(1首)立ての句集(歌集)なども見栄えよく作れそうです。



 追記:

 残念ですが、縦書き中央配置は目下のところ、KDPの基準を満たさないようです。Tipsをいささか力業で使いすぎたかもしれません。いきさつは縦書きページ左右中央配置・続に記しました。
 EPUB 3.0.1の仕様では、この問題を解決する属性が加えられています。もう少し先には、簡単にレイアウトできる日が来ると思います。期待しましょう。
[PR]
by vooker | 2013-06-16 23:11 | ノート | Comments(0)

最新の記事

日向の林檎—山村暮鳥
at 2016-12-09 23:30
句集 鯨座
at 2016-12-05 23:01
星の踊り子—音座マリカ
at 2016-11-10 17:25
ポストカード・ブック ふうら春秋
at 2016-11-06 02:17
ラヴレター—宮沢賢治
at 2016-09-21 11:32
獏の甘い夢 — 泉井小太郎
at 2016-08-14 10:22
Sweet Dreams—泉..
at 2016-07-01 16:07
夢線通信—泉井小太郎
at 2016-05-26 22:54
白秋音楽会—北原白秋
at 2015-02-10 22:21
りんご上人—泉井小太郎
at 2015-01-21 13:18

最新のコメント

フォロー中のブログ

六角文庫通信
マリカの野草画帖

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

創作小説・詩
本・読書

画像一覧