詩画倶楽部

ポエジー漂う小冊子。六角文庫の電子本、紙の本。ブログ・ライヴラリーです。
by vooker
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

惰眠洞妄語—辻潤

d0142402_23292449.jpg
 イーハトーヴ軽便文庫
 惰眠洞妄語
 辻 潤
 2002年11月15日初版
 2008年12月30日二版
 TTZ形式
 15ページ 12KB
 図書室 ダウンロード



 「芸術は玩具だ。少くとも書物は私にとってはなくてはならない玩具の一種だ。私は自分の好きなおもちゃを宛がってさえ置いてもらえば、かなりおとなしく遊んでいる。」
 六角文庫も好きな玩具さえあれば、いつまでもおとなしく遊ぶ方です。そうしていろいろな紙の本、電子の本を作ってきましたが、それが暮らしの足しにならないところが、辻潤との決定的な違い。
 辻潤は、自称<永遠の赤ん坊>。ダダのこね方が違うんでしょうか?

 大正13年(1924)7月に書かれたこのエッセイには、4月に出版されたばかりの『春と修羅』が採り上げられています。
 「宮沢賢治という人は何処の人だか、年がいくつなのだか、なにをしている人なのだか私はまるで知らない。しかし、私は偶然にも近頃、その人の『春と修羅』という詩集を手にした。」
 辻潤39歳、宮沢賢治26歳。『春と修羅』を最初に評価したダダイストの直観は見事です。
[PR]
by vooker | 2008-12-31 23:09 | *イーハトーヴ軽便文庫

最新の記事

日向の林檎—山村暮鳥
at 2016-12-09 23:30
句集 鯨座
at 2016-12-05 23:01
星の踊り子—音座マリカ
at 2016-11-10 17:25
ポストカード・ブック ふうら春秋
at 2016-11-06 02:17
ラヴレター—宮沢賢治
at 2016-09-21 11:32
獏の甘い夢 — 泉井小太郎
at 2016-08-14 10:22
Sweet Dreams—泉..
at 2016-07-01 16:07
夢線通信—泉井小太郎
at 2016-05-26 22:54
白秋音楽会—北原白秋
at 2015-02-10 22:21
りんご上人—泉井小太郎
at 2015-01-21 13:18

フォロー中のブログ

六角文庫通信
マリカの野草画帖

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

創作小説・詩
本・読書

画像一覧