詩画倶楽部

ポエジー漂う小冊子。六角文庫の電子本、紙の本。ブログ・ライヴラリーです。
by vooker
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

句集 鯨座

d0142402_22514880.jpg


 句集 鯨座
 泉井小太郎
 2016年11月30日 ePub版
 ePub形式
 1.1MB
 300円

 Kindle Store





  (あとがきより)

 タイトルは『鯨座』とした。集中鯨座を詠んだ句が三句。そのどれがというのではなく、そうして折々に心を寄せた鯨座に捧げたものである。
 この十年、私はがらんとした鯨座のような領域に、がらんとした鯨座のような心でいた。鯨座はまた、もう一つのタイトル候補であった「空地」によく似ている場所でもあった。三十年近く前に、そんな空地を双眼鏡で眺めて意外な星数に驚き、宇宙とはどんなところか、とふらふら迷い込んだ場所でもあった。
 空地に佇む空人。空人の空情。
 俳句はいい。
 鯨座はいい。
 想像力の翔ける広い空ががらんとあれば、小人もまた鳥人になる。虚空の真実を啄むことも出来る。 


  総ルビの鏡花一巻散るさくら
  風鈴を吊せば風が客となる
  世にあれど独り小春の影法師
  心根も大根も干して甘くせり
  道草も霞も食ふがよろしかろ
  梔子や朝は一重にひらくもの
  凩にぶん殴られしをとこかな
  空風のどこに答があるのやら
  のら猫に覗かれてゐる冬籠
  たらららら春に穴あく啄木鳥
  新じやがの小惑星といふ風味
  蝉時雨ヨガのポーズをとる女
  界隈の風を引き連れ鬼やんま

 蕪村生誕300年を記念して、最新句集を編みました。460句所収。
[PR]
by vooker | 2016-12-05 23:01 | *詩集

夢と天然—泉井小太郎

d0142402_9451060.jpg



 夢と天然
 泉井小太郎
 2014年1月1日
 mobi形式
 499KB
 300円
 Kindle Store
 iBookstore





 21世紀に入って最初の詩作が、正月に芽を着けた翁草について書いたもの。それをプロローグに「花鳥吟遊」「銀河逍遙」として花、鳥、星を巡った作品を集めました。特別にテーマにしたというよりも、身近なものを歌ったら自然にそうなったという按配です。そのぶん、人とは少し疎遠になっていた時期の作品集です。

  宇宙は
  膨張しているそうな
  広く
  遠く

  われらの
  方寸は
  どうであろう

  ぽつんと
  咳をする星にいて

        —「地球」

 天然という言葉は、自然と本然の両義を持つようですきな言葉です。そこに人為は入って行きにくいものですが、夢はすんなり溶け込むような気がします。気がするだけで本当のところは分かりませんけれども、夢と天然の二語あれば、わたしなんぞは何とかやっていけそうです。

 表紙は、1997年の春、金沢犀川下菊橋から眺めた、夜明けのヘールボップ彗星です。これこそ夢と天然が一つになった時間であり、風景でした。
[PR]
by vooker | 2014-01-15 04:56 | *詩集

春と石仏—泉井小太郎

d0142402_4552879.jpg
 小詩集
 春と石仏
 詩:泉井小太郎
 2011年4月8日 T-Time版
 2012年3月8日 HTML版
 2013年4月8日 ePub版
 ePub3形式
 71ページ 3172KB
 250円
 Kindle Store
 iBookstore




 「春とピアノ」を綴っているうちに、同じフレーズから枝分かれした、もう一つの詩集です。東日本大震災が起こってから一週間後、播磨では珍しく春の雪の降る朝、北条石仏を訪ねてみました。この日目に飛び込んでくる合掌羅漢を撮り、帰ってからそれをアルバムにしてウェブにアップ。夕方に生まれた詩の一節から、思いがけず石仏詩篇がスタートしていきました。
 北条石仏は、わたしの描く「ふうらかん」のルーツであり、彼らのスピリッツを風の中に放して、自由に旅してもらったのが、ふうらかんの世界であると言えるかもしれません。長く異郷にあって「ふうら」と共にいましたが、ここ数年は故郷で石仏たちともよく逢っています。それでも、彼らについて書くことは稀でした。訪れる度に写真は撮っていましたが、詩となると数編のみ。それが何か自然な形で、思わぬ一編に仕上がったのを嬉しく思います。
 39の短章と、26枚の写真で構成されています。

 この詩集は、姉妹版の「春とピアノ」、東日本大震災に関連して発表した写真集「羅漢合掌」と併せて2011年の三部作です。(内容はそれぞれ独立したものです)
[PR]
by vooker | 2013-04-10 05:07 | *詩集

春とピアノ—泉井小太郎

d0142402_1645796.jpg
 小詩集
 春とピアノ
 泉井小太郎
 2011年 3月31日 T-Time版
 2011年12月31日 HTML版
 2013年 3月31日 ePub版
 ePub3形式
 1004KB 140ページ
 250円 
 Kindle Storeへ
 iBookstore




 パップの清楚な一輪の花、Europe's First Lady Of Jazzと謳われながら、渡米後ブルーノートに三枚のアルバムを残して忽然とシーンから消えたユタ・ヒップ。
 パーカーのダイアル初吹き込み時のピアニストで、パップ期に大いに活躍したものの、精神を病み、一度カムバック演奏をしたきり、長く消息不明だったドド・マーマローサ。
 溢れる才気と天賦の歌心、多大な予感をさせながら、楽旅中のホテルの一室で腕に注射針を突き立てたまま、あっけなく逝ってしまったディック・ツワージク。
 それぞれに不遇な三人のマイナー・ピアニスト。あんまりと言えばあんまりな生涯に共感を寄せながら、彼らと自らの復興を願った詩的記録です。八年ぶりの詩作でしたが、途中で東日本大震災が起きました。詩の磁場も揺れ、波を被りました。
 これは弱者の奏でるピアニッシモの本、魂の最弱音に耳を澄まします。

 同じくこれら繊細なピアニストの音に魅せられた、音座マリカの素描が本編に彩りを添えています。巻末には簡単なディスコグラフィー。2011年3月31日完成のT-Time版では未入手だったアルバムも、HTML版では追加紹介しています。

 この詩集は、姉妹版の「春と石仏」、東日本大震災に関連して発表した写真集「羅漢合掌」とで2011年春の三部作となっています。(ただしそれぞれ独立した内容です)
[PR]
by vooker | 2013-04-04 15:50 | *詩集

故園蕪村に遊ぶ—泉井小太郎

 d0142402_15585737.jpg
 詩草紙
 故園蕪村に遊ぶ
 泉井小太郎
 1999年5月30日初版
 2004年3月12日六版
 TTZ形式
 21ページ 16KB
 図書室 ダウンロード


 敬愛する与謝蕪村の句に触発された8篇の詩。春夏秋冬各2篇ずつ。
 蕪村の胸を借りて、新しい、楽しい詩作体験をしました。手軽に自分の世界に持ってこないよう、いつもの行開けを禁じて、蕪村流稽古をつけてもらうつもりでトライ。なにやら蕪村の句を演奏する趣で、翁もピアノでバッキングして下さった風。この8篇のセッションを終えて、少しは詩がうまくなったような気がしたものですが。
[PR]
by vooker | 2008-01-25 22:48 | *詩集

最新の記事

日向の林檎—山村暮鳥
at 2016-12-09 23:30
句集 鯨座
at 2016-12-05 23:01
星の踊り子—音座マリカ
at 2016-11-10 17:25
ポストカード・ブック ふうら春秋
at 2016-11-06 02:17
ラヴレター—宮沢賢治
at 2016-09-21 11:32
獏の甘い夢 — 泉井小太郎
at 2016-08-14 10:22
Sweet Dreams—泉..
at 2016-07-01 16:07
夢線通信—泉井小太郎
at 2016-05-26 22:54
白秋音楽会—北原白秋
at 2015-02-10 22:21
りんご上人—泉井小太郎
at 2015-01-21 13:18

フォロー中のブログ

六角文庫通信
マリカの野草画帖

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

創作小説・詩
本・読書

画像一覧