詩画倶楽部

ポエジー漂う小冊子。六角文庫の電子本、紙の本。ブログ・ライヴラリーです。
by vooker
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

井月百句—井上井月

d0142402_10242549.jpg

 


 井月百句
 井上井月
 2014年1月23日
 ePub版

 立ち読み






 d0142402_2485232.jpg
 名句叢書
 井月百句
 井上井月
 2002年8月30日初版
 2008年6月30日二版
 エキスパンドブック
 117ページ 64KB
 図書室 ダウンロード



 江戸末期、ふらりと信州伊那谷に現れて、俳諧漂泊三十年、渡り歩いた家々に残された句が千数百。その中からの百句選です。底本は下島勲・高津才次郎編「井月全集」(白帝書房 1930)。乞食井月と呼ばれて逸話奇行もたくさんあるようですが、その句は蕉風で、穏やか。幕末から開化への動乱期を、酒と風雅で通したこんな男がいたんですね。

 以下は初版を図書室にアップした時のノートです。
 
山頭火の句を追えば、作者とともに青山に分け入り、水音を聴き、また草庵に戻っては、独りの火を作り、がらんと寂寥に座し……まさしく漂泊そのものの味わい。ところが、井月となると、気が付けば旧家の縁側や座敷に上がり込んで、人の気配も常。井月はへっちゃらでも、人付き合いの苦手なこちらは時に退散したくなります。実際何度か逃げ出して、百句選出に手間取ってしまいました。もっとも井月は極端な沈黙家、たぶん山頭火の方が話好きでしょう。井月が没して半世紀後に山頭火が伊那谷を訪れています。
  駒ヶ根をまへにいつもひとりでしたね  山頭火
そのとき墓に呼び掛けた一句。漂泊両俳人の孤独を繋ぐ一本の線。
                      —「文庫ノート」2002.9.1

                    (2008.6.30)



 井月はなにやら脚光を浴びてきたのでしょうか? 昨年あたりから図書室の閲覧数でも上位を占めてきて、このところトップになったりしています。
 2002年にエキスパンドブックで百句選を作った頃は知る人ぞ知る、まったく無名の俳人だったので、愛用のブックツールで、一頁一句立ての瀟洒な袖珍本の趣にしました。『太祇百句』と姉妹編のその雰囲気が好きだったのですが、これがT-TimeにもePubにも難しく、そのまま古い形式で本棚に置いてきました。
 けれど今、『井月百句』をダウンロードして、エキスパンドブックで読む人はいないんじゃないか、T-Timeビュワーならテキストだけを拾い上げるけれど、それも利用できる人が限られてきたし、せっかくだから開いたばかりの立ち読み書架で読んでいただこう、とePubにしました。
 
[PR]
by vooker | 2014-01-23 04:04 | *名句名歌叢書 | Comments(0)

遍歴—中島敦

d0142402_1982932.jpg
 名歌叢書
 遍歴
 中島敦
 2009年12月13日
 TTZ形式
 60ページ 40KB
 図書室 ダウンロード




 中島敦の歌稿『和歌でない歌』冒頭にある「遍歴」と題された55首を小冊子に仕立てました。
   <遍歴りていづくにか行くわが魂ぞはやも三十に近しといふを>
 ヘーゲルから始まって、ジイド、ランボー、ゴッホ、陶淵明……メリメ、ツァラツストラ、ファウスト博士まで、影響を受けたであろう人物50余名が歌に歌われ、彼の読書遍歴、精神遍歴が辿れるようになっています。
 当世風に言えば、中島敦のMy Favoriteなんでしょうが、こういうところを真剣にやる姿がいいですね。いつまでも初心(うぶ)で、まっすぐ。
 数少ない日本人で初登場の其角には意表をつかれましたが、
   <ある時は大雅堂を見て陶然と身も世も忘れ立ちつくしけり>
 大雅ファンとしてはうれしい一首です。
[PR]
by vooker | 2009-12-13 19:10 | *名句名歌叢書 | Comments(0)

川端茅舎句文集—露曼陀羅

d0142402_2523857.jpg
 六角文庫編
 川端茅舎句文集—露曼陀羅
 川端茅舎
 2008年8月7日初版
 TTZ形式
 35ページ 24KB
 図書室 ダウンロード




 茅舎の露の句は以前から集めてみたいと思っていました。芭蕉の広葉のような電子本に珠玉を置き並べて、その清冽に打たれたいと夢見ていました。実際、十年ほど前に「露の消息」の抜粋と露の名吟を併せてエキスパンドブックに仕立てたことがあります。『露曼陀羅』と題も同じでしたが、完成寸前にソフトがハングアップ、再起動してみれば、なぜかブックファイルと素材テキストファイルが蒸発、挿画代わりの私の露の画像ファイルだけが残っていました。(結局ブックは諦めて、生誕百年の1997年8月にHP—ふうら美術館—に露の特集をして、茅舎の句と文章を紹介)
 
 今回はT-Timeで製作しました。「露の消息」を全文収録。露の俳句も名吟に限らず、すべて採集。漏れているものがあれば、今後追補していきます。さらに「自句自解」から露に関連した箇所を抜粋。『月光採集』に続く、茅舎の露の一冊となりました。
[PR]
by vooker | 2008-08-10 20:22 | *名句名歌叢書 | Comments(0)

春風馬堤曲—与謝蕪村

d0142402_1212826.jpg
 名句叢書
 春風馬堤曲
 与謝蕪村
 1999年5月30日初版
 2008年3月15日四版
 TTZ形式
 25ページ 36KB
 図書室 ダウンロード



 蕪村の故郷毛馬、長柄川沿いの堤を藪入りに帰る娘。春深い情景を、俳句・漢詩・読み下し漢文体、と三つの異なるスタイルで綴った<歌曲十八首>。蕪村の溢れる思いが一つの形式に収まらなかったのか、和風、漢風、俳風に色彩もリズムも変化屈曲して、いつ読んでも新鮮です。この比類なき傑作を、一首一頁立ての小冊子にしてみました。
 蕪村は門人に宛てた手紙でこの作品に触れ、座元夜半亭と洒落ていますが、なるほど蕪村製作・監督による短編映画を見ているような味わいもあります。
[PR]
by vooker | 2008-04-30 12:30 | *名句名歌叢書 | Comments(0)

太祇百句—炭太祇

d0142402_13582820.jpg
 名句叢書
 太祇百句
 炭太祇
 2002年5月1日初版
 2008年3月1日二版
 エキスパンドブック
 115ページ 68KB
 図書室 ダウンロード



 天明期に蕪村と共に俳句復興に尽くした、と言えば硬いイメージですが、島原の遊郭の中に庵を結んで貰って、「いつまでも女きらひぞ冬籠り」などの句を作り、俳句三昧に明け暮れた太祇。その句は人事を描いて絶妙、まなざしのゆるく暖かい人だったと思われます。
 明治33年にほとゝぎすから発行された袖珍版太祇全集。古本屋で出会った一冊がこよなき愛読書。このエキスパンドブック名句叢書も袖珍本の趣でいくことにし、一頁一句立て、文字間調整をして均等割付風にレイアウトしています。
[PR]
by vooker | 2008-04-11 13:59 | *名句名歌叢書 | Comments(0)

最新の記事

日向の林檎—山村暮鳥
at 2016-12-09 23:30
句集 鯨座
at 2016-12-05 23:01
星の踊り子—音座マリカ
at 2016-11-10 17:25
ポストカード・ブック ふうら春秋
at 2016-11-06 02:17
ラヴレター—宮沢賢治
at 2016-09-21 11:32
獏の甘い夢 — 泉井小太郎
at 2016-08-14 10:22
Sweet Dreams—泉..
at 2016-07-01 16:07
夢線通信—泉井小太郎
at 2016-05-26 22:54
白秋音楽会—北原白秋
at 2015-02-10 22:21
りんご上人—泉井小太郎
at 2015-01-21 13:18

最新のコメント

フォロー中のブログ

六角文庫通信
マリカの野草画帖

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

創作小説・詩
本・読書

画像一覧