詩画倶楽部

ポエジー漂う小冊子。六角文庫の電子本、紙の本。ブログ・ライヴラリーです。
by vooker
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

星の踊り子—音座マリカ

d0142402_1752015.jpg


 絵草紙
 星の踊り子
 音座マリカ・泉井小太郎
 2016年11月8日 EPUB版
 100円
 
 Kindle Store
 
BOOK WALKER
 
プレセペ




d0142402_23555697.jpg
 絵草紙
 星の踊り子
 音座マリカ・泉井小太郎
 2012年1月30日 iBooks版
 2016年1月30日 増補改訂版
 2014年5月25日 note版
 100円

 
iBooks Store
 note





 夜空の星を眺めることや、大地で野焼きすることに夢中になっていた頃の、音座の陶像作品。能登や高岡での野焼きから五人の踊り子が生まれてきました。

  「星の踊り子」は、
  音座マリカ製作の野焼き像です。
  レッド・ピープルに続くシリーズで、
  プエブロ族の女性陶芸家たちの言う、
  「マザー・ネイチャーの、マザー・クレイ」
  土と、火と、心の、
  スピリチュアルなセッション・ワークです。
           —「はじめに」

 2001年にT-Time版が完成していましたが未発表、今回はずっと以前のポストカード・セット以来の公開です。ただし泉井の文章はありませんでした。踊り子も一人増えています。
 これは20日に発表されたAppleのiBooks Authorで製作した第一冊、記念の公開です。

                          (2012.1.31)



 野焼き像の魅力を伝えるためには、それぞれの踊子の角度を変えた写真が何枚かあった方が良いだろうと、増補改訂版を出すことにしました。iBooks Authorで作った日本語の本がようやくiBooks Store解禁となったこともありますが、その前に、noteで公開します。

                          (2014.5.26)


 iBooks Author版はギャラリー・ウィジェットを使用、横書き左開きです。
 EPUB版は縦書き右開き、表紙も新調して、今回初登場になります。
[PR]
by vooker | 2016-11-10 17:25 | *絵草紙

ポストカード・ブック ふうら春秋

d0142402_01434452.jpg
ふうら春秋
泉井小太郎
2016年11月2日 初版
紙本   1728円
データ本 324円
31ページ

BCCKS



ふうら陶像の写真集をポストカード・ブックにしました。
[PR]
by vooker | 2016-11-06 02:17 | *絵草紙

満月祭 —ciribiribinの音楽会

d0142402_527113.jpg


 満月祭 —ciribiribinの音楽会
 音座マリカ・泉井小太郎
 1994年 5月5日 私家版
 2013年 5月5日 EPUB版
 200円

  Kindle Store
  iBookstore
  Kobo Store





 1994年の5月5日に第一冊を発行した手作り絵本の電子復刻版です。表紙は新装、シリビリビンのヘアーもカラフルになっています。
 新月第一夜から、満月十五夜まで、シリビリビンが一人ずつ増えて演奏する月夜の音楽会。シンプルな言葉と絵で綴ったスピリチュアルな絵本です。
               (2014.5.20)


[PR]
by vooker | 2014-12-22 23:45 | *絵草紙

ピアニスト—泉井小太郎

d0142402_23391446.jpg

 ピアニスト
 泉井小太郎
 1997年12月10日 ebk版
 2014年 4月10日 epub版
 epub形式
 24ページ 2.3MB
 100円

 Kindle Store
 Apple Store




d0142402_17103272.jpg
 絵草紙 
 ピアニスト
 泉井小太郎
 1997年12月10日初版
 2008年10月10日五版
 エキスパンドブック
 27ページ 240KB




 ある明け方に、バド・パウエルのピアノ(ジャズ・ジャイアント)を聴いていて、とても昂揚したことがあります。深い演奏に導かれて、イマジネーションの彼方へ遠出したような感覚です。ハイな精神状態はしばらく続き、一編の詩と、一連の素描を仕上げました。それが、「耳」という詩、「ピアニスト」という線画で、この本に収めてあります。また、この時の体験が、後に「月へ昇ったピアニスト」というメルヘンにまで飛躍しました。

 もう一人、敬愛するピアニストがいます。パウエルの先輩でもあるセロニアス・モンクです。この人からは、詩作の上でいろんなことを学びました。星に夢中になっている頃に書いた「ソロ・モンク」という作品を配して、(わが師匠に)敬意を表しました。

 他にも好きなピアニストはいっぱいいます。ジャズに限らず、この本は世界の素敵なピアニストとピアノ・ファンに捧げた一冊です。
                           

 
[PR]
by vooker | 2014-04-14 00:00 | *絵草紙

吟遊—泉井小太郎

d0142402_13432276.jpg


 吟遊
 泉井小太郎
 2001年3月 7日 T-Time版
 2014年3月21日 ePub版
 ePub形式
 46ページ 1.6MB
 100円

 iBooks Store
 Kindle Store




d0142402_23544563.jpg

 絵草紙
 吟遊
 泉井小太郎
 2001年3月 7日初版
 2004年3月10日三版
 TTZ形式
 28ページ 148KB




 吟遊、放浪、漂泊などは、幼い頃からの憧れの言葉。サーカスや旅芝居、虚無僧や托鉢僧には胸がどきどきしたものです。芭蕉、惟然、井月、山頭火を慕って、ブルースやジプシー・ソングにも惹かれてきました。ふうらもまた旅する群像です。
 この小冊子には、1981年に描いたペン画7葉と、2001年に書いた詩片7篇が収まっています。20年の歳月を隔てた、老若二人(?)のわたしのコラボレーション。
                    (2008.3.7)


 琵琶法師や瞽女、ベンガルのバウル、西洋のトルバドゥールなどにも親しみを覚えて、80年代、90年代に続けていた朗読や展覧会活動は、わが吟遊として行ってもいました。いまはWeb中心になって淋しい限り。でもやっぱりこんな広漠とした原野に向き合うには、旅の精神が不可欠です。
 この小冊子は、そういう旅の心象を即興的に綴ったものです。

 T-Time版は手彩色の限定本を底本としましたが、今回は原画から直接起こしました。


 
[PR]
by vooker | 2014-03-28 15:58 | *絵草紙

旅人ふうら—泉井小太郎

d0142402_1257448.jpg
 旅人ふうら
 泉井小太郎
 2014年2月4日
 ePub形式
 58ページ
 10.6MB(Kindle版)
 14.3MB(iBooks版)
 300円

 Kindle Store
 iBooks Store
 Kobo Store



 ふうらかんは、風の羅漢、野の羅漢、草の羅漢です。ルーツは郷里の謎の石仏で、遠く異郷にあった時も、どこかこころの片隅に佇っていて、それがだんだんと放浪の人たちへと進化変貌してきました。
 ふうらかんの、基本は、芭蕉の唱えた風羅精神。それから宇宙の本然に立つ羅漢果。そのように、感得していますが、実際のところ分かりません。かれらの姿を、墨絵や陶像で追っていくのは、わくわくするような体験、一つの旅のようなものでしたが、これには終わりがありません。彼方へずっと、地が繋がり、空が広がっています。

 北条石仏とふうらかんは、また別の人たちです。
 北条石仏は、時空に立つ植物のようなあり方です。一方、ふうらかんは歩き回る動物のようなあり方です。ひょっとすると、石仏たちの花後(或いは夢)の絮が風に飛ばされて旅をしているのがふうらかんなのかも知れません。

 郷里を出て、帰ることはないだろうと思っていた頃に、ふうらかんの展覧会を各地で開きました。その後、「ふうら美術館」というホームページを開設しました。ここにある写真は、散歩や旅のつれづれに撮ったもので、それに短い文章を添えて「風羅春秋」として随時掲載していたのをまとめて、この一冊になりました。
 電子本になったのは北条石仏の方が先でしたが、ようやくふうらかんの本が出せて感無量です。
                         (2014.2.8)



 この本は固定レイアウトを採用しています。リフロー型ではないためにフォント・サイズの変更などは出来ませんが、ピンチアウトで拡大することは可能です。またテキストの検索、ハイライトはiBooks版では可能です。
[PR]
by vooker | 2014-03-15 18:00 | *絵草紙

北条石仏 —不思議が立っている

d0142402_225654.jpg



 北条石仏—不思議が立っている
 泉井小太郎
 2013年6月30日
 Kindle形式
 7725KB
 250円 Kindle Store






 北条石仏の写真集です。
 「北条石仏—謎が立っている」の姉妹編。前著が縦長写真を集めたので、こちらには横長作品をまとめました。境内の雰囲気、石仏たちの立ち並ぶ様は、こちらの方がよく出ていると思います。前著と同じく10年間の選りすぐり52枚。
 あらためて一枚一枚見ていると、ほんとうにへんてこで奇妙な風貌ばかり。人間のバリエーションは大体ここにあるのじゃないかと思えるぐらい。だれか自分に通う石仏の一人はいそうで、ここにいると孤独は感じなくて済むのではないか、そんな気がします。それも、淋しく、悲しみを帯びた人ほど。弱者にやさしいのが、この石仏たち。
 語りたいこともいっぱいありますが、曰わく言い難い風貌は、なかなか言葉にならず、今回も写真だけになりました。
[PR]
by vooker | 2013-07-02 23:20 | *絵草紙

ciribiribin book 星の子

d0142402_0165472.jpg




 ciribiribin book 星の子
 音座マリカ・泉井小太郎
 2013年4月20日
 200円
 Kindle形式 1045KB
  Kindle Store
 ePub 形式 1600KB
  iBookstore






 十年余り前に三冊の小さな絵本としてT-Timeで製作しながら未発表のままだった作品を、今回一冊にまとめてciribiribin bookとしました。
  1. たんぽぽとたんぽぽ人
  2. 星の歌
  3. ポストカード
それぞれ、パステル画、ビー玉やビーズで遊んだ絵、アクリル版画と方法は異なっています。1と2は、展覧会などにも出品した作品です。それらに後から文章がついて、絵本としても楽しめるようになりました。
[PR]
by vooker | 2013-05-11 02:04 | *絵草紙

北条石仏 —謎が立っている

d0142402_2264829.jpg



 北条石仏—謎が立っている
 泉井小太郎
 2013年4月30日
 Kindle形式
 7802KB
 250円 Amazon頁







 北条石仏の写真集です。2004年以来、折々の散歩で撮り溜めた中から、縦向きの52枚を選んでみました。細かな編集も考えないではなかったのですが、結局は編年体で並べました。といって、石仏たちに歳月が反映されるわけではありません。十年という月日は撮った側に深い感慨と陰翳を与えてくるものです。
 この本に収めているのは、謎とされている、曰わく言い難い風貌のひとたち。閻魔、倶生神、地蔵等々特定出来る像は、羅漢場に混じっていても除いています。四百体たらずの、女のひともこどもも異国のひともいそうな、会えば会うほど不思議な群像に限っています。
 これまでに北条石仏は三冊の写真集になっています。若杉慧の大著を始め、いずれもモノクローム写真集でした。苔や地衣類の色彩も独特のものですし、ここではカラー画像中心としました。
[PR]
by vooker | 2013-04-30 22:10 | *絵草紙

Birthday Card(月のトリオ)—泉井小太郎

d0142402_14233323.jpg

 Birthday Card
 泉井小太郎
 1996年3月2日
 HyperCard形式
 10ページ 44KB




 友人が置いていった中古のMac Classic llにHyperCard Liteが入っていました。それまでパソコンは触ったことがありません。電子本なるものに興味を持って、そろそろ機種探しを始めた頃のことです。雑誌で教わった通り、magicと打ち込むとLite版はオーサリング・モードになりました。そうなると何か作ってみたくてたまりません。誕生日が近かった友人がいたので、手始めにバースディ・カードにトライ。製作途中でPerforma 6210を購入したので、仕上げはそちらに譲りました。
 ハイパーカード上で絵を描き、文章を打ち、ほとんど即興で作っていきました。遊び心満点にはしたのですが、出来映えはいかにも初心者らしく、作者自身仕込んだカードの全貌が掴めないという有り様でした。

 内容はザパンのザワザワ市に来ている詩人と音楽家のトリオを紹介するというもの。
 Jula Iridum…極端な人見知り、好奇心、放浪癖の詩人。宇宙の未熟を愛している。
 Pico de Luna-lula …幻想的、抽象的な奏法のサキソフォニスト。<月の楽団>結成。
 Piton Pitonius…禅と稲作に関心を持つ。俳号・幻米。農閑期に演奏するベーシスト。

 このハイパーカードの中だけの人物群ですが、ジュラ・イリドゥムの詩集『ベレニケはあちらを向いたまま』、ピコとピトンのアルバム『ルナティックス』『BUSON』などは架空の愛読書・愛聴盤でもあります。

本の中味
[PR]
by vooker | 2013-03-02 14:39 | *絵草紙

最新の記事

日向の林檎—山村暮鳥
at 2016-12-09 23:30
句集 鯨座
at 2016-12-05 23:01
星の踊り子—音座マリカ
at 2016-11-10 17:25
ポストカード・ブック ふうら春秋
at 2016-11-06 02:17
ラヴレター—宮沢賢治
at 2016-09-21 11:32
獏の甘い夢 — 泉井小太郎
at 2016-08-14 10:22
Sweet Dreams—泉..
at 2016-07-01 16:07
夢線通信—泉井小太郎
at 2016-05-26 22:54
白秋音楽会—北原白秋
at 2015-02-10 22:21
りんご上人—泉井小太郎
at 2015-01-21 13:18

フォロー中のブログ

六角文庫通信
マリカの野草画帖

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

創作小説・詩
本・読書

画像一覧