詩画倶楽部

ポエジー漂う小冊子。六角文庫の電子本、紙の本。ブログ・ライヴラリーです。
by vooker
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ラヴレター—宮沢賢治

d0142402_112236.jpg

 
 或るラヴレターの全部的記録
 宮沢賢治
 2015年8月27日初版
 EPUB形式
 25ページ 1.7MB
 100円

 Kindle Store
 iBooks Store




d0142402_2324154.jpg
 イーハトーヴ軽便文庫
 ラヴレター
 宮沢賢治
 1999年5月 5日初版
 2008年2月28日四版
 TTZ形式
 22ページ 44KB




 六角文庫図書室には「借りたよ」ボタンがありましたが、80冊余の電子本の中で、最もボタンを押して貰ったのが、この『ラヴレター』でした。(その次も、やはり賢治の『イーハトーヴ・ソングブック』)
 この珍しい一冊は、詩稿用紙に書かれた創作メモを本に仕立てたもので、メモは「或るラヴレターの全部的記録」と題してありました。たった八葉のカタコトを準備して、賢治は何を意図していたのでしょう。そこに新鮮な世界を感じました。単なるメモに留まらず、それだけでもう独り立ちしそうな世界が広がっていました。あとは、この賢治の謎かけ(ラヴレター)を受け取ったものの想像力に任せるほかありません。
 
 ちなみにこの本は、T-Time Publisher's Kitで製本した第一号でした。

              (2008.2.28)



これは読む本ではありません。
賢治の言葉は12語、38文字程度しかありません。
これは、深く感じ、遥かに想う本なのです。

誰がだれに宛ててのラブレターなのか、
誰がだれに宛てても当てはまるような、
そんな不思議でじれったいメッセージ。

届けられなかった手紙なら、
これを読んだ人に宛てたもの、
そう受け取っても作者は困りも怒りもしないような気がします。
宮沢賢治からのラブレター、受け取ってみませんか?

  *

 TTZ版は俯いた宮沢賢治から言葉が発せられている風に写真をレイアウトしていましたが、EPUB版では背景イメージを無くした代わりに賢治自筆の文字を一ページずつ配しました。
 また、このメモについて触れたノートとメールを追加しました。
[PR]
by vooker | 2016-09-21 11:32 | *イーハトーヴ軽便文庫

イーハトーヴ・ソングブック—宮沢賢治

d0142402_2355020.jpg


 イーハトーヴ・ソングブック
 宮沢賢治
 1999年9月25日初版 T-Time版
 2013年4月3日 新装版 ePub版
 Kindle形式 248KB 99円
  Kindle Store
 ePub形式 837KB 100円
  Applestore





d0142402_04340100.jpg
 イーハトーヴ軽便文庫
 イーハトーヴ・ソングブック
 宮沢賢治
 1999年9月25日初版
 2008年2月28日四版
 TTZ形式
 102ページ 60KB





 賢治の童話に出てくる<歌・歌のようなもの>を集めてみました。いつも文庫全集をぱらぱら、あちらを繰り、こちらを繰り、いったいどれだけの歌が散らばっているものやら、全貌も掴めないままでいたのが、これですっきりしました。
 イーハトーヴの歌曲。じつにたくさんの歌がありました。宮沢賢治と、『大菩薩峠』の清澄の茂太郎は、ほんとうに天来の即興詩人・吟遊詩人なのですね。
[PR]
by vooker | 2013-06-17 12:46 | *イーハトーヴ軽便文庫

惰眠洞妄語—辻潤

d0142402_23292449.jpg
 イーハトーヴ軽便文庫
 惰眠洞妄語
 辻 潤
 2002年11月15日初版
 2008年12月30日二版
 TTZ形式
 15ページ 12KB
 図書室 ダウンロード



 「芸術は玩具だ。少くとも書物は私にとってはなくてはならない玩具の一種だ。私は自分の好きなおもちゃを宛がってさえ置いてもらえば、かなりおとなしく遊んでいる。」
 六角文庫も好きな玩具さえあれば、いつまでもおとなしく遊ぶ方です。そうしていろいろな紙の本、電子の本を作ってきましたが、それが暮らしの足しにならないところが、辻潤との決定的な違い。
 辻潤は、自称<永遠の赤ん坊>。ダダのこね方が違うんでしょうか?

 大正13年(1924)7月に書かれたこのエッセイには、4月に出版されたばかりの『春と修羅』が採り上げられています。
 「宮沢賢治という人は何処の人だか、年がいくつなのだか、なにをしている人なのだか私はまるで知らない。しかし、私は偶然にも近頃、その人の『春と修羅』という詩集を手にした。」
 辻潤39歳、宮沢賢治26歳。『春と修羅』を最初に評価したダダイストの直観は見事です。
[PR]
by vooker | 2008-12-31 23:09 | *イーハトーヴ軽便文庫

小岩井農場—宮沢賢治

d0142402_0414694.jpg

 イーハトーヴ軽便文庫
 小岩井農場
 宮沢賢治
 2003年5月21日初版
 TTZ形式
 41ページ 20KB
 図書室 ダウンロード



  詩集『春と修羅』収録の最長編詩「小岩井農場」を単独の小冊子にしてみました。
 1922年5月21日、賢治25才のスケッチです。当初の勇ましい計画が途中で雨にたたられ、気弱に引き返す過程が、実景幻景交差して綴られます。もともと賢治の作品にはライヴ感があり、この作品や「東岩手火山」などはまるで詩的実況中継のようです。そこに独り言や幻想が不意に混じるところが賢治らしく、いっそう即興と陰影に富んできます。
 いつか同じ5月21日に、同じコースを歩き、小岩井農場のヒバリの歌を聴きたいと夢見つつ、まだ果たせません。
[PR]
by vooker | 2008-05-21 18:39 | *イーハトーヴ軽便文庫

版画 デクノボーの詩—江崎満

d0142402_3341131.jpg
 イーハトーヴ軽便文庫
 版画 デクノボーの詩
 江崎 満
 2003年2月4日初版
 2008年3月9日四版
 TTZ形式
 10ページ 288KB
 図書室 ダウンロード



 奥能登よろみ村銀河国からの生命賛歌です。
 最新絵本でオオサンショウウオを描いた「たったひとつの」の作者、江崎満さんの版画。宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を彫った連作四点。アザミやカメムシやマルハナバチが生き生き、天然自然のデクノボーたちの詩がダイナミックに綴られます。
[PR]
by vooker | 2008-03-09 10:31 | *イーハトーヴ軽便文庫

最新の記事

日向の林檎—山村暮鳥
at 2016-12-09 23:30
句集 鯨座
at 2016-12-05 23:01
星の踊り子—音座マリカ
at 2016-11-10 17:25
ポストカード・ブック ふうら春秋
at 2016-11-06 02:17
ラヴレター—宮沢賢治
at 2016-09-21 11:32
獏の甘い夢 — 泉井小太郎
at 2016-08-14 10:22
Sweet Dreams—泉..
at 2016-07-01 16:07
夢線通信—泉井小太郎
at 2016-05-26 22:54
白秋音楽会—北原白秋
at 2015-02-10 22:21
りんご上人—泉井小太郎
at 2015-01-21 13:18

フォロー中のブログ

六角文庫通信
マリカの野草画帖

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

創作小説・詩
本・読書

画像一覧