詩画倶楽部

ポエジー漂う小冊子。六角文庫の電子本、紙の本。ブログ・ライヴラリーです。
by vooker
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

柳田國男—初夢と昔話 抄

d0142402_14152088.jpg

 初夢と昔話 抄
 柳田國男
 2013年2月28日
 TTZ形式
 9ページ 20KB
 図書室 ダウンロード




 昭和二年の一月二日に放送した『初夢と昔話』という講話から、獏と宝船に関係する部分を抜粋して小冊子にしました。獏は柳田國男の『妖怪談義』には出てきませんし、全集索引を調べても、他に触れている箇所はなさそうです。河童や鬼などの跳梁跋扈と比べると、やはり地味なのかもしれません。
 柳田國男の一時住んだ播州北条の町は、寺社の虹梁や鐘楼の木鼻は大概獏ですが、さすがの後の民俗学者も、幼少の頃とあっては馴染みが薄かったのでしょう。かく言う獏ファンの私も、帰郷して初めてそれに気付いた次第。この町の大飢饉は民俗学へ進むきっかけになったと自伝で述懐しておられますが、獏と石仏には縁無かったのが惜しまれます。
[PR]
by vooker | 2013-02-28 14:18 | *狐の嫁入り文庫

談雀—柳田國男

d0142402_2336304.jpg

 談雀
 柳田國男
 2013年1月25日
 TTZ形式
 24ページ 172KB
 図書室 ダウンロード




 1939年2月の「俳句研究」に発表された雀に関するエッセイです。翌年発行の「野鳥雑記」(甲鳥書林)に収録、その中には「雀をクラといふこと」というエッセイもありますが、この小冊子は「談雀」だけを採り上げました。
 内容は、雀の郷里、雀の顔、雀の家庭、雀の引越し、雀の国語——と日頃の観察に基づいた広範な分析が試みられています。雀のファンとしては、雀の国語で雀和辞典が可能と述べているところに興味が湧きます。
 原本では橋浦康雄という画家の挿絵が付いているそうですが、手元の「柳田國男全集」第22巻、「全集日本野鳥記」第11巻には割愛されています。かわりに、著者の故郷の先人で、雀の絵ばかりを描いたという不染斎雀翁の絵を一点掲載しています。
 柳田國男と、雀翁と、雀に敬意を払って、播磨から発行の一書です。

   ※

 不染斎雀翁についてはまだよく判っていません。資料もほとんどありません。何か情報をお持ちでしたら、ご連絡いただけませんか。また「石川長英報告」という書名のみ残る資料についても、ご教示いただければ幸いです。
 vooker※rokkaku.que.jp (お手数ですが、※の部分を@に変えて下さい)

[PR]
by vooker | 2013-01-25 00:31 | *狐の嫁入り文庫

最新の記事

日向の林檎—山村暮鳥
at 2016-12-09 23:30
句集 鯨座
at 2016-12-05 23:01
星の踊り子—音座マリカ
at 2016-11-10 17:25
ポストカード・ブック ふうら春秋
at 2016-11-06 02:17
ラヴレター—宮沢賢治
at 2016-09-21 11:32
獏の甘い夢 — 泉井小太郎
at 2016-08-14 10:22
Sweet Dreams—泉..
at 2016-07-01 16:07
夢線通信—泉井小太郎
at 2016-05-26 22:54
白秋音楽会—北原白秋
at 2015-02-10 22:21
りんご上人—泉井小太郎
at 2015-01-21 13:18

フォロー中のブログ

六角文庫通信
マリカの野草画帖

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

創作小説・詩
本・読書

画像一覧