詩画倶楽部

ポエジー漂う小冊子。六角文庫の電子本、紙の本。ブログ・ライヴラリーです。
by vooker
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

星の踊り子—音座マリカ

d0142402_1752015.jpg


 絵草紙
 星の踊り子
 音座マリカ・泉井小太郎
 2016年11月8日 EPUB版
 100円
 
 Kindle Store
 
BOOK WALKER
 
プレセペ




d0142402_23555697.jpg
 絵草紙
 星の踊り子
 音座マリカ・泉井小太郎
 2012年1月30日 iBooks版
 2016年1月30日 増補改訂版
 2014年5月25日 note版
 100円

 
iBooks Store
 note





 夜空の星を眺めることや、大地で野焼きすることに夢中になっていた頃の、音座の陶像作品。能登や高岡での野焼きから五人の踊り子が生まれてきました。

  「星の踊り子」は、
  音座マリカ製作の野焼き像です。
  レッド・ピープルに続くシリーズで、
  プエブロ族の女性陶芸家たちの言う、
  「マザー・ネイチャーの、マザー・クレイ」
  土と、火と、心の、
  スピリチュアルなセッション・ワークです。
           —「はじめに」

 2001年にT-Time版が完成していましたが未発表、今回はずっと以前のポストカード・セット以来の公開です。ただし泉井の文章はありませんでした。踊り子も一人増えています。
 これは20日に発表されたAppleのiBooks Authorで製作した第一冊、記念の公開です。

                          (2012.1.31)



 野焼き像の魅力を伝えるためには、それぞれの踊子の角度を変えた写真が何枚かあった方が良いだろうと、増補改訂版を出すことにしました。iBooks Authorで作った日本語の本がようやくiBooks Store解禁となったこともありますが、その前に、noteで公開します。

                          (2014.5.26)


 iBooks Author版はギャラリー・ウィジェットを使用、横書き左開きです。
 EPUB版は縦書き右開き、表紙も新調して、今回初登場になります。
[PR]
by vooker | 2016-11-10 17:25 | *絵草紙

りんご上人—泉井小太郎

d0142402_23481267.jpg


 りんご上人
 泉井小太郎
 1997年12月20日 ebk版
 2014年01月20日
 ePub形式
 50ページ 753KB
 300円
 Kindle Store
 iBooks Store
 Kobo Store




d0142402_23395574.jpg


 りんご上人
 泉井小太郎
 1997年12月20日 ebk版
 2009年12月20日 ttz版
 TTZ形式
 40ページ 180KB




 ある日、やってきた一顆のりんご。青森から送られて来たりっぱな象鼻果。見様によっては鳥にも人にも思えて、楽しく騒いでいるうちに、柄が取れてしまいました。するとそこに、眠りこけた僧が一人……。
 瞑想修行の果てに、僧になったりんごか、りんごになった僧か、ともあれ食べにくくなって飾っておいたら、そのまま翌年の梅雨まで寝候。
 かくして八ヶ月、二百五十日足らずのりんご上人との暮らし。厳しい生活の中で浮沈する思いも、りんご上人の寝姿に慰められ、助けられ、自ずと教えられたこともたくさんあります。

 そんな懐かしいりんごを偲んで、十年後に物語ともエッセイともつかぬものを綴ったのが、この「りんご上人」です。和綴じ本にする予定が果たせず、エキスパンドブック版にして、開設したばかりのオンライン図書室にアップ。その後、ttz版にリニューアル。
                     (2013.1.30)




 ttzに改版する前には、iBooks Authorで横書き、図版や陶像などの続編も併せた「定本りんご上人」を試作していました。が、やはり縦書きでないと、というので相性の悪いリフロー型ttzにチャレンジ。なんとか形になった頃には、ttz時代は終わり、りんご上人はまたしても長い夢籠もりに……。

 書いた本人としては敬愛している人であり、絵に陶像に詩に俳句にと、なにかと偲んできたので、陽の当たる所で夢三昧してもらいたいと思います。まさか暗い所でないと夢籠もりにならぬというのなら困りますが、どこでも眠れるから好きにせよ、そうおっしゃるだろうと ePubにしてみました。
 
 1984年の出会いだから、もう30年です。
 十年して「りんご上人」を書いたから、20年経ちました。
                     (2014.1.20) 




[PR]
by vooker | 2015-01-21 13:18 | *図書室オリジナル

虹 男と女の……物語

d0142402_16495198.jpg


 虹 男と女の……物語
 泉井小太郎・音座マリカ
 2013年 7月20日
 ePub形式
 200円
 iBook Store
 Kindle Store
 Kobo Store





 《Over The Rainbow》《Alone Together》《Smoke Gets In Your Eyes》《I'm Getting Sentimental Over You》《Just A Gigolo》などのジャズのスタンダードと、音座創作のジャズ絵、ジャズ・ミュージシャン陶像をベースに書き上げた小詩集です。他にモンクの《Crepuscule With Nellie》と、タンゴの《Milonga Del Angel》。
 2003年にT-Timeで編集完了までいってプレスに至らず、十年目にしてようやく発表です。
 ちなみに表紙の虹は2012年8月5日の夕、播州北条の空に立ったもの。見事な虹でした。

     (2013.7.30)


[PR]
by vooker | 2015-01-08 23:40 | *詩草紙

笑う森—泉井小太郎

d0142402_2352947.jpg


 笑う森
 泉井小太郎
 2013年3月20日初版
 300円

  Kindle Store
  iBookstore
  Kobo Store


d0142402_9161398.jpg

 笑う森
 泉井小太郎
 2009年2月4日初版
 TTZ形式
 74ページ 248KB

 



 富士写ヶ岳という美しい山があります。石川県加賀市山中町、標高942m。シャクナゲの群落で知られています。この山にブナの森が広がり、ほがらかな一本のブナの木が立っています。
 静かな森に、ときおり転がるヴィブラフォンのような響き。楽しげにひとりごちたり、笑い弾んだり、ちょっといわくありの木と、その周りの木々との春夏秋冬。そして、冬のある日のブナたちの祭。
 実在の森、実在の一本のブナの木から立ち昇ったイマジネーションです。

 エキスパンドブックでしたが、今回TTZ版に仕立て直しました。

   ※

 三度目のリニューアルは、EPUB形式です。
                (2013.7.1)
[PR]
by vooker | 2015-01-05 18:35 | *童話

天狗と雀—泉井小太郎

d0142402_175463.jpg

 Poetry Roman
 天狗と雀
 泉井小太郎
 2013年3月18日初版
 200円

  Kindle Store
  iBookstore
  Kobo Store



d0142402_1925886.jpg
 Poetry Roman
 天狗と雀
 泉井小太郎
 2002年9月9日初版
 2009年8月7日二版
 TTZ形式
 54ページ 132KB



 八月七日は天狗の鼻供養の日——と『妖怪草紙2000』に自ら記したので、それに因んで改版発行、図書室収録。表紙にスズメのカット(竹ペン画)を使用してリニューアル。本文にはルビも追加で多く振りました。

   天狗は虫が苦手だ。/天狗は朝も苦手だ。/だがそんなことはいい。
   これから俺も変わるのだ。/いやな自分を変えるのだ。
 山の洞で拾ってきたスズメのヒナを育てる天狗。昔は飛行も上手でしたし、鼻相もなかなかのものでしたが、いまは悶々…。せめてお前は、とヒナを一鳥前にするべく奮闘します。孤独な現代天狗の切なさ。

 日詩『雀のチュール』の姉妹編です。

     ※

 Amazon Kindle形式の電子書籍にして、Kindle Storeから発売しました。六角文庫の第1弾です。

     ※

 Apple iBookstoreにePub3形式の電子書籍として並びました。(2013/4/30)

     ※

 楽天KoboストアにePub3形式の電子書籍として並びました。(2014/12/24)
[PR]
by vooker | 2014-12-24 21:59 | *童話

羅漢合掌—泉井小太郎

d0142402_12474368.jpg
 写真集
 羅漢合掌
 泉井小太郎
 2014年3月11日 ePub版
 BinB形式
 無料 37ページ 11.3MB
 閲覧(BinB)



d0142402_3271716.jpg


 写真集
 羅漢合掌
 泉井小太郎
 2013年5月11日 ePub版
 無料 37ページ 6.5MB
 iBook Store
 Kobo Store




 東日本大震災一週間後に訪ねた羅漢寺。その日は合掌する羅漢の、それぞれの合わせた手が胸を打ってきました。一人一人合掌が違います。何が祈られているのか、願われているのか分かりません。ただひたすらな合掌が、遙かに時を超え、風化に耐えて、今日の祈願に続いてきています。謎に満ちたこの石仏たちも、いずれ何かの災害・戦火・弾圧の犠牲者たちなのでしょう。阪神大震災も経験したかれらの合掌は、その日東日本の被災地に向けられていると感じました。そこで当日撮影した二十枚の写真をウェブアルバムとしてインターネットで公開しました。
 この写真集は、その後に撮影した分を追加して、新たに編集したものです。
                         (2013.05.20)


 また3月11日が近付いてきました。まだ三年にならないのですね。当時『春とピアノ』を書き進めていた小生はなんとか復興を果たして、現在の電子書籍の潮流に小舟を浮かべていますが、現地では相変わらず仮設住宅暮らしの方々がいらっしゃいます。私たちの目や耳に届かないたくさんのドラマが、いまも艱難のうちに続いているのだと思います。
 災害はその後も人々にやってきました。フィリピンを襲った台風、インドネシアの火山噴火、イギリスの洪水、この冬は日本でも関東地方に大雪が降りました。今後も地球では、このような自然災害が起きることでしょう。せめて戦争を始めとした人災は無くしたいものですが、それら過去から未来に続く被災者のためにも、同じく罹災者であったと思われる羅漢たちの合掌を届けます。

 今回はVoyager社が開発中のRomancerでePub製作しました。最初にT-Timeで仕上げた本だけに、そんなことにも感慨が湧いたりします。このバージョンは横長横書き左開きにしました。iBookstoreで配信中の版とは、縦横の写真で大きさが入れ替わって、オリジナルに近い形になりました。本はボイジャーのBinBシステムで、お使いのブラウザでそのまま読むことが出来ます。
                         (2014.12.22)


[PR]
by vooker | 2014-12-22 23:56 | *図書室オリジナル

『旅人ふうら』献呈

d0142402_18504728.jpg

 ふうらかんのサイト開設18周年を記念して『旅人ふうら』(iBooks版)を10名の方に献呈します。
 本はiBooksアプリで読めます。epub3固定レイアウトで製作しています。
 iPhone, iPad, Mac (Mavericks以降)のいずれかをお持ちの方に限ります。
 ご希望の方はメールで下記アドレスまでお申込み下さい。

praesepe(a)rokkaku.que.jp

恐れ入りますが、(a)を@に代えてご利用下さい。

d0142402_18515585.jpg


本の詳細は、図書カード『旅人ふうら』をご覧下さい。
[PR]
by vooker | 2014-11-02 19:02 | ノート

吟遊—泉井小太郎

d0142402_13432276.jpg


 吟遊
 泉井小太郎
 2001年3月 7日 T-Time版
 2014年3月21日 ePub版
 ePub形式
 46ページ 1.6MB
 100円

 iBooks Store
 Kindle Store




d0142402_23544563.jpg

 絵草紙
 吟遊
 泉井小太郎
 2001年3月 7日初版
 2004年3月10日三版
 TTZ形式
 28ページ 148KB




 吟遊、放浪、漂泊などは、幼い頃からの憧れの言葉。サーカスや旅芝居、虚無僧や托鉢僧には胸がどきどきしたものです。芭蕉、惟然、井月、山頭火を慕って、ブルースやジプシー・ソングにも惹かれてきました。ふうらもまた旅する群像です。
 この小冊子には、1981年に描いたペン画7葉と、2001年に書いた詩片7篇が収まっています。20年の歳月を隔てた、老若二人(?)のわたしのコラボレーション。
                    (2008.3.7)


 琵琶法師や瞽女、ベンガルのバウル、西洋のトルバドゥールなどにも親しみを覚えて、80年代、90年代に続けていた朗読や展覧会活動は、わが吟遊として行ってもいました。いまはWeb中心になって淋しい限り。でもやっぱりこんな広漠とした原野に向き合うには、旅の精神が不可欠です。
 この小冊子は、そういう旅の心象を即興的に綴ったものです。

 T-Time版は手彩色の限定本を底本としましたが、今回は原画から直接起こしました。


 
[PR]
by vooker | 2014-03-28 15:58 | *絵草紙

Book Proofer

 iBooks用のePubを、iPadやiPhoneに送るのに、Book Prooferというアプリがあります。これはiBooks Storeに登録したブック製作者に提供されていて、大変便利で重宝します。以前はiTunesと同期という形でしたが、その場合ePubの中にiTunes専用ファイルを書き込んでしまい、そのためにepubcheckでエラーが出たり、原因が判らない間は苦労しました。それを解消するのにBook Prooferというアプリを用意したのでしょう。現在バージョンは1.0.1です。
 iTunesを通すよりずっと手軽にデバイスに送れます。PCと繋いで、起動したBook ProoferのウインドウにePubをドロップするだけ。ePubのもとのフォルダを送れば、ePubにパックしてiBooksに届けてくれるらしいんですが、これは試していません。

 さて、iBooks用の本の製作には欠かせないBook Proofer。これでデバイスのiBooksに送って検証したものと、実際のiBooks Storeから配信されてくるブックとの違いで、二点ほど気が付いたことがあります。

1. 強制改ページタグ《pagebreak》
 一枚のhtmlファイルの中で強制的に改ページを行う場合、pagebreakを使います。Book ProoferでiBooksに送った本では指定通り機能しています。それをiBooks Storeへ送って正式に配信されてくると、改ページが効いているものと、無視されているものとがありました。
 a. ページ冒頭に見出しを指定している場合、有効。
 b. 見出し指定なく、節番号を振っているだけの場合、無効。
(用例が二冊しかないので本当のところは分かりませんが、とりあえずこのような判断をしています)

2. テキスト検索
 iBooks Storeは画集や絵本であっても、テキストは検索可能でないと受け付けてくれません。そこで固定レイアウトで、テキストは画像ではなく座標絶対指定で作りました。これをBook ProoferでiPad miniのiBooksに送って読むと、三文字までの検索はしてくれますが、四文字以上は「見つかりませんでした」となります。iPhone4Sでも同じでしたが、iPhone5s、MacのiBooksでは問題ありません。(iOSのバージョンには関係ないようです。たぶんiPad mini retinaではOKのような気がします)
 ただ、この検索は、iBooks Storeから配信されてくる本では何の問題もありませんでした。

 他にも何かあるのかもしれませんが、いまのところこの二点です。
[PR]
by vooker | 2014-03-18 21:41 | ノート

旅人ふうら—泉井小太郎

d0142402_1257448.jpg
 旅人ふうら
 泉井小太郎
 2014年2月4日
 ePub形式
 58ページ
 10.6MB(Kindle版)
 14.3MB(iBooks版)
 300円

 Kindle Store
 iBooks Store
 Kobo Store



 ふうらかんは、風の羅漢、野の羅漢、草の羅漢です。ルーツは郷里の謎の石仏で、遠く異郷にあった時も、どこかこころの片隅に佇っていて、それがだんだんと放浪の人たちへと進化変貌してきました。
 ふうらかんの、基本は、芭蕉の唱えた風羅精神。それから宇宙の本然に立つ羅漢果。そのように、感得していますが、実際のところ分かりません。かれらの姿を、墨絵や陶像で追っていくのは、わくわくするような体験、一つの旅のようなものでしたが、これには終わりがありません。彼方へずっと、地が繋がり、空が広がっています。

 北条石仏とふうらかんは、また別の人たちです。
 北条石仏は、時空に立つ植物のようなあり方です。一方、ふうらかんは歩き回る動物のようなあり方です。ひょっとすると、石仏たちの花後(或いは夢)の絮が風に飛ばされて旅をしているのがふうらかんなのかも知れません。

 郷里を出て、帰ることはないだろうと思っていた頃に、ふうらかんの展覧会を各地で開きました。その後、「ふうら美術館」というホームページを開設しました。ここにある写真は、散歩や旅のつれづれに撮ったもので、それに短い文章を添えて「風羅春秋」として随時掲載していたのをまとめて、この一冊になりました。
 電子本になったのは北条石仏の方が先でしたが、ようやくふうらかんの本が出せて感無量です。
                         (2014.2.8)



 この本は固定レイアウトを採用しています。リフロー型ではないためにフォント・サイズの変更などは出来ませんが、ピンチアウトで拡大することは可能です。またテキストの検索、ハイライトはiBooks版では可能です。
[PR]
by vooker | 2014-03-15 18:00 | *絵草紙

最新の記事

日向の林檎—山村暮鳥
at 2016-12-09 23:30
句集 鯨座
at 2016-12-05 23:01
星の踊り子—音座マリカ
at 2016-11-10 17:25
ポストカード・ブック ふうら春秋
at 2016-11-06 02:17
ラヴレター—宮沢賢治
at 2016-09-21 11:32
獏の甘い夢 — 泉井小太郎
at 2016-08-14 10:22
Sweet Dreams—泉..
at 2016-07-01 16:07
夢線通信—泉井小太郎
at 2016-05-26 22:54
白秋音楽会—北原白秋
at 2015-02-10 22:21
りんご上人—泉井小太郎
at 2015-01-21 13:18

フォロー中のブログ

六角文庫通信
マリカの野草画帖

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

創作小説・詩
本・読書

画像一覧