詩画倶楽部

ポエジー漂う小冊子。六角文庫の電子本、紙の本。ブログ・ライヴラリーです。
by vooker
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ポエムレット

 詩集には詩集の魅力があります。一つのテーマで書き綴られた詩群、ゆるやかな拘束で纏められた詩群。けれど、それとはまた違って、一篇には一篇の独立した世界もあります。以前から、詩草紙と銘打って、そんな詩を単独の小冊子にしてきました。作品成立に関係する絵や写真と組み合わせて、より味わいや陰影のある世界へ。
 Poemletはその電子版として、T-Timeやエキスパンドブックで製作。詩をもっともっと生き生きとさせ、魅力あるものにするための試みです。
         (ポエムレット —ホームページより転載)
 図書室を開いてもっとも楽しかったのが、このポエムレット作りでした。詩集編纂は時間もエネルギーも相当要ります。取捨選択に迷いに迷い、作品の並びにもああだこうだ、それに比べると一編の詩は身軽で、思い立ったらすぐに取り掛かれます。新作をそのまま即興的に創作、編集、製作ということもありました。
 T-Timeはそれに呼応した軽快なツールだったので、一冊一冊と増えていきました。

 けれどこのソフトもOSの進化に取り残されて、現在はePubが主流。T-Timeはプレビューしながら臨機応変に編集できましたが、ePubは最終的な製本ファイル・セットが整うまでは出来映えは分かりません。(主にエディタで記述しています)
 またT-Timeはブックサイズを小さくして、袖珍本らしい外見を採ることも出来ました。一方、ePubは大冊も小冊子も端末ビューワに同じように表示されます。

 そんなこんなでしばらくポエムレットから遠離っていましたが、やはり六角文庫の真骨頂は小冊子だろう、と初心にかえってみることにしました。
 近代デジタルライブラリーで目にした白秋パンフレットにも勇気づけられました。表紙の裏の言葉にこうあります。
 この白秋パンフレットはわたし自身の詩歌、小品、評論、随筆等、その種類の何たるを問はず、成るに従て随時一々の小冊子として刊行するものである。たとへば一茎の甘藍若くは一顆の林檎のごとく、新鮮に、而かも最も簡易に衆人の眼に触れ手に触れ心に触れむことを希ふものである、わたくしは貧しかった。それ故にかうした値廉きこの種の刊行はかねての本願であった。
 つごう六輯編まれた白秋パンフレットには、狐の嫁入り文庫にも収めた「月光微韻」、音韻が素晴らしく愛吟するファンの多い「落葉松」など、どの一冊も瀟洒な魅力に溢れています。

 白秋同様、或いはより貧しく生計する当文庫も、紙の頃より、小冊子は本願でした。もっとも、白秋は、先の言葉の最後に、
 「而して世の富者には一方思ひきり贅を凝らした高値の珍蔵書として類別蒐集したい微笑をも許してほしく思ふ。」とも述べています。大正モダニズムの時代、天金天鵞絨表紙の全集もあった白秋、羨ましくもありますが、まあこちらの方は当文庫ではちょっと無理でしょう。そのぶん小冊子に徹して、なるたけ余韻の残るような、イマジネーションの旅が出来そうな本作りを目指したいと思います。

 とりあえずは自身でも愛着のある『吟遊』と『ピアニスト』を。
[PR]
by vooker | 2014-04-15 22:50 | ノート

最新の記事

日向の林檎—山村暮鳥
at 2016-12-09 23:30
句集 鯨座
at 2016-12-05 23:01
星の踊り子—音座マリカ
at 2016-11-10 17:25
ポストカード・ブック ふうら春秋
at 2016-11-06 02:17
ラヴレター—宮沢賢治
at 2016-09-21 11:32
獏の甘い夢 — 泉井小太郎
at 2016-08-14 10:22
Sweet Dreams—泉..
at 2016-07-01 16:07
夢線通信—泉井小太郎
at 2016-05-26 22:54
白秋音楽会—北原白秋
at 2015-02-10 22:21
りんご上人—泉井小太郎
at 2015-01-21 13:18

フォロー中のブログ

六角文庫通信
マリカの野草画帖

検索

外部リンク

ファン

ブログジャンル

創作小説・詩
本・読書

画像一覧